トラネキサム酸が含まれるジェネリック医薬品がある

きれいな肌を持っている女性

パウゼ錠という薬があり、これは肝斑によるシミ治療に使えるトラネキサム酸が有名なトランシーノのジェネリック医薬品になります。
トラネキサム酸はタンパク質を構成するアミノ酸の一種の必須アミノ酸のリシンをもとに人工的に作られたアミノ酸です。
皮膚の肝斑や老人性色素斑、炎症後の色素沈着などのシミや更年期障害に効果があって、肌のトラブルの元となるメラニン細胞を抑制する働きがあります。

パウゼ錠はそもそもは炎症を発症する酵素であるプラスミンを抑制する働きがあるので、止血剤として開発された薬です。
そのプラスミンはメラニン発生要素の一つでもあり、またメラノサイトの活性因子でもあります。
そこで抗プラスミン効果の高いトラネキサム酸が肝斑の改善・解消に効果を発揮するのです。

パウゼ錠は継続して8週間の服用が推奨されていますが、薬価が決して安いとはいえないために、個人輸入のネット通販サイトで購入すると錠剤の内容量も多くコストパフォーマンスは良くなります。
この場合で薬価は15000円ほどですが一箱100錠入っていますのでしばらくはなくなりません。
より安価なものでは一箱9712円という商品もあり、三箱同時の購入で一箱単価は更に下がって一箱7553円になります。
美容サプリのトランシーノには1種で125ミリグラム、2種で187.5グラムしかトラネキサム酸が含まれて居ませんが、ジェネリックの派ウゼ錠はトラネキサム酸が500ミリグラム含まれていますので十分な価値があると言えるでしょう。

個人輸入では500ミリグラムの10錠入り1シートを1480円でシートの枚数を指定して購入することが出来るので、自分の体に合うかどうかが不安な方はまずはお試しで少量購入してみるのが良いでしょう。
シミや更年期障害などの症状が改善されるのを確認した後で大量購入する方が間違いがありません。
クリームなどの化粧品に比べると飲む美白剤として手っ取り早い上に即効性があります。

ジェネリック医薬品は通販で購入すると更にお得

ジェネリック医薬品は効き目や安全性・品質などに関して先発医薬品と同じですが、より安価で販売されています。
ジェネリック医薬品は日本では厚生労働省が厳しく審査を行っていて、効き目や安全性・品質などが先発医薬品と同じものであると証明されたものだけ販売を許可されているので安全・安心して利用することが可能です。
ジェネリックは先発医薬品のように初めから医薬品を研究・開発する必要がないので、莫大な開発費用や多くの時間がかかりません。

先発医薬品の場合はリリースされた後薬の効き目や安全性などを確認しなければいけません。
ジェネリック医薬品の場合は効き目や安全性などが先発医薬品と既に同じものだと証明されているので、そのような費用をかけることもなく、節約された費用を低コストや低い薬価に還元することが可能です。
薬を利用する人の薬剤費負担を軽減することができ、効き目や品質などが先発品と同じなので効果を期待することができるでしょう。

トラネキサム酸を配合した錠剤がいくつかリリースされていて、例えばパウゼ錠はトラネキサム酸で有名なジェネリック医薬品です。
肝斑などによるシミ治療に利用することができ、パウゼ以外にもいろいろなジェネリックが販売されているので自分に合ったものを購入することができます。

インターネット通販を利用して個人輸入代行サイトから注文するとさまざまな種類のジェネリック医薬品を購入することができるでしょう。
一般的にプライベート梱包サービスを利用することができ、周囲の人に気付かれずに注文することが可能です。
最近ではいろいろな個人輸入代行サイトがあるので、コストをかなり抑えて購入することができるでしょう。

関連記事