トラネキサム酸は風邪薬にも含まれています

きれいな女性

美容効果の高いトラネキサム酸は、風邪による喉の痛みや腫れにも効果があるということで風邪薬にも含まれています。
トランサミンはプラスミンというタンパク質分解酵素の働きを阻害することができます。
口内や喉などの患部に何らかの異常が発生すると、血液中に流れているプラスミノーゲンがプラスミンに変化して粘膜から浸透してきます。
プラスミンは、痛みの原因となるプロスタグランジンやブラジキニンを発生させ同時に血管を拡張させるため痛みが発生してしまいます。
トランサミンを使用することで、ヒスタミンやプロスタグランジン、ブラジキニンを抑制させることができるため、風邪薬に含まれています。

トランサミンはトラネキサム酸を主成分とした薬で、喉の痛みや口内炎などに対して医療機関で処方されています。
処方薬の場合には、トラネキサム酸は成人で1日750~2000mgを3~4回に分けて服用するのが通常となっています。
一方市販薬の場合には1日あたりのトラネキサム酸の服用量が最大で750mgとなっていますから使用量に大きな違いがあります。
プラスミンが発生するとヒスタミンやプロスタグランジンなどが発生してしまい、痛みや腫れが悪化してしまいますからできるだけ早い段階でプラスミンをブロックすれば症状を緩和させることができます。

トランサミンは抗生物質と併用して服用することで、喉の炎症を抑えて風邪の症状を早期に鎮めることができますから、病院でも抗生物質と一緒に処方されることが少なくありません。
中には一緒に服用すると飲み合わせを心配する人もいるかもしれませんが、トランサミンと併用しても問題ありませんから一緒に処方された場合にはしっかりと飲みきることが大事です。
市販薬でもトラネキサム酸が配合された風邪薬は多数ありますが、緩和させたい症状にあわせて配合量が異なりますから、自分の風邪の緩和させたい症状にあわせて薬を使い分けると効果的といえます。

医薬品には飲み合わせが厳禁なものもあります

多くの医薬品には使用が禁忌とされていたり、注意が必要な医薬品もあります。
トラネキサム酸について飲み合わせが厳禁とされているものには、トロンビンやヘモコアグラーゼ、バトロキソビン、血液凝固因子製剤などがあります。
ヘモコアグラーゼというのは、ヘビ毒に由来する有効成分をもつ酵素止血在で、大量に併用すると血栓が作られすぎてしまいますから大変危険です。
一般的には処方されることはありませんが、突然の手術などで大量出血などの事態が起きれば投与される場合もありますから、医師に伝えておく必要があります。

バトロキソビンは、抗血栓薬で血栓を分解しやすくするため、閉塞性動脈硬化症やバージャー病など虚血性諸症状を改善する効果があります。
そのためトラネキサム酸と併用することで血栓塞栓症を起こすリスクが高まってしまいますから、抗血栓薬を服用する際は医師に伝えておきましょう。
血液凝固因子製剤は血友病患者が大量出血をした場合に、止血剤として使用することがあります。
血友病患者でなければ併用のリスクはありませんが、血友病で止血剤が必要となる場合にはトラネキサム酸を服用するとリスクが高くなりますから、慎重に判断する必要があります。

トラネキサム酸は近年ではシミや肝斑の治療薬としても注目を集めてしますが、風邪による喉の痛みや腫れなどにも効果があるため多くの風邪薬に処方されています。
トラネキサム酸を主成分とするトランサミンには副作用が少ないという特徴があります。
リスクがまったくないというわけではなく血液が固まりやすくなる止血作用があります。
他の止血薬を服用している場合には、トラネキサム酸が配合された薬は服用することはできませんから、しっかりと副作用について知っておく必要があります。

関連記事
人気記事一覧