トランシーノ錠の効果とは?

ニコニコする女性

トランシーノ錠はトラネキサム酸の他に、肌のターンオーバーを促す効果のあるL-システインや美白ケアなどにも使われることの多いビタミンCが配合された錠剤です。
それらの成分の特徴や、肝斑に対する働きを見てみましょう。

「L-システイン」は抗酸化作用のあるアミノ酸の1種で皮膚、髪の毛、爪などに多く存在します。
体の内側から肌の代謝(ターンオーバー)のサイクルを正常化する働きをもち、これによりシミ・肌荒れなどの肌トラブルを改善すると言われています。
ターンオーバーのサイクル正常化はニキビの改善に繋がるので、この薬でニキビが治る効果も見込めます。
また、抗酸化作用により、ストレスや紫外線などで生じた活性酸素を除去する働きをします。
活性酸素は増えすぎると細胞にダメージを与え、肌トラブルの原因となります。

L-システインは自然界に存在する物質で、システインやシスチンという形で食品にも含まれています。
システインとは人の身体を構成するアミノ酸のひとつでL-システインとD-システインの2つがあります。
シスチンとはこの2つのシステインが結合したものです。
システインを多く含む食品として小麦、大豆、かつお節などがあげられますが、トラブルのない健康な肌を保つために十分な量を、食事だけで確保するのは難しいと言われています。

「ビタミンC」は水溶性ビタミンの1種で、化学的にはL-アスコルビン酸をさし、多くの食品に含まれ健康補助のサプリメントとしても普及しています。
鉄分、カルシウムなどミネラルの吸収促進の他、脂質の抗酸化作用のあるビタミンEを再生する働きもあります。
ビタミンCはコラーゲンの合成に深く関与し、極度な不足で壊血病を引き起こすことは有名です。
また、高い還元作用を持ち、L-システインと同様に活性酸素を除去する働きをもちます。
美白効果があるとして、化粧品などに使用されることも非常に多い成分です。

多く含まれる食品は、柑橘類やトマト、キウイフルーツ、ブロッコリー、サツマイモなどが挙げられ、加熱調理に弱いのが特徴です。
加熱により酸素や水との反応が促進されることで、酸化されてデヒドロアスコルビン酸となり、さらに加水分解されてジゲトグロン酸へと変化します。
デヒドロアスコルビン酸の段階であれば、体内で還元され利用されますが、ジゲトグロン酸には還元作用を始めとしたビタミンCの働きはありません。
さらに水溶性という性質のため、茹でるなどした際はビタミンCが流れ出ている可能性があります。
サツマイモやジャガイモなどではデンプンに保護され、酸素に接触しない場合には壊れにくいとも言われています。

トラネキサム酸・L-システイン・ビタミンCこれらの配合成分がどのように肝斑にアプローチするのか見てみましょう。

  1. トラネキサム酸が、もっとも初期の段階でメラニンをつくるための情報伝達をブロック。
    メラノサイト(色素細胞)の活性化因子であるプラスミンを阻害し、メラミンの産生を未然に防ぎます
  2. 抗酸化作用のあるL-システインが、メラノサイト内で酸化酵素チロシナーゼの産生をブロック。
    さらにチロシナーゼの活性を抑制し、チロシンがメラニンへと変化するのを防ぎます
  3. ビタミンCが変化後のドーパキノンをドーパへと還元。
    チロシンはチロシナーゼの働きでドーパという化合物へ、そしてさらにドーパキノンを経てメラニンへと変化しますが、ビタミンCはドーパキノンをドーパへと還元する作用を持ちます。
    さらに、L-システインと同様にチロシナーゼの活性抑制作用の他、還元力によりメラニンの色を薄くする作用もあります

以上のように、「トランシーノ」はトラネキサム酸・L-システイン・ビタミンCの3つの成分が段階的に働き、肝斑を新たに産出させず、さらに今ある肝斑を還元作用により薄くするという効果を発揮する錠剤です。
さらに、トラネキサム酸の抗炎症作用、L-システインのターンオーバー正常化、ビタミンCによる正常なコラーゲンの合成、この3種の成分のケアによりトラブルのない健やかな肌へと導きます。

関連記事
人気記事一覧
アーカイブ