最近流行りのファスティングダイエットとは?

ファスティングダイエットは運動なしでも短期間で痩せられる上にデトックス、便秘解消、脂肪燃焼、美肌効果、免疫力アップといった効能があるため海外でも人気のダイエットです。
ファスティングダイエットのファスティングとは英語の「fasting」=断食からきています。
食事制限はダイエットの基本ですがファスティングダイエットはある意味その究極系ということになりますね。

とはいえ断食といっても本当に全く何も食べないわけではありません。
全く栄養を取らないのは危険なのでファスティングダイエットで断食するのは固形物に限定されます。
代わりにファスティングダイエット用酵素ドリンクや野菜ジュース、ノンカフェインのハーブティーなどを摂取します。

断食なんて身体に悪いだろうと誤解されがちですが、実は適度な断食は身体にいいのです。
私たちは日常生活で当たり前のように食事をしていますが、この食べて物を消化するという行為は肉体にとって大きな負担をかける行為なのです。
断食をしている間はこの消化活動が収まるので身体はその分のエネルギーを肉体の回復に使うことができ免疫力アップ、デトックス、美肌効果、便秘解消といった回復効果が発生します。
さらに肉体のエネルギーが減ってきたことを察知し脂肪燃焼が起こります。

ファスティングダイエットの人気の秘密は何といっても短期間で効果を実感できる点にあります。
1週間で5キロの減量に成功する人も珍しくありません。
ダイエットが失敗しやすいのは空腹や糖分制限などの苦しさに比べてメリットを体感しづらいため「何のためにこんなことをしているのか」と心が折れてしまいやすいからです。
1週間で劇的に痩せることが可能なファスティングダイエットは成果が目に見えて現れるのでダイエットの成功率も高いです。
また肥満度の高い人間ほど大きな減量効果を得られるのもファスティングダイエットの特徴です。
肥満度が高くない標準レベルの人でも3キロ前後の減量が可能です。

ファスティングダイエットにおける注意点

一気に痩せるファスティングダイエットは一時的に身体へ大きな負担がかかります。そのため健康状態が良好な時に行いましょう。
また未成年は発育に問題が発生する可能性があるのでやめた方がいいと言われています。
体力に自信のない高齢者や妊娠中、生理中の女性も控えた方がいいでしょう。

ファスティングダイエットは正しい方法でやらなければ効果が半減し、最悪の場合はリバウンドなど逆効果になります。
ファスティングダイエットは大きく準備期間、ファスティング期間、回復食期間の三段階を経て行われます。
準備期間は本格的な断食を始める前に身体を慣らしていく段階です。
この時点で既に断食は半分始まっていると思って下さい。脂っこい食べ物は食べず消化にいいもの中心の食事をします。
準備期間は2日から3日とるといいでしょう。準備が終わったらファスティング期間に入ります。
断食は最初の1日が最も苦しいです。そこを乗り越えれば徐々に空腹感も落ち着いてくるので我慢しましょう。
断食は3日から4日ほど行います。無事に断食を達成したら最後は回復食期間に入ります。
断食状態からいきなり普通の食事をするのは身体に大きな負担がかかります。
準備期間と同じように消化に良いもの中心の食事で徐々に身体を慣らしていきましょう。

また多くのファスティングダイエット用酵素ドリンクには、断食中および回復食中の飲み方、食べた方を記載した説明書が付属されています。
基本的にはこれを参考にファスティングダイエットを行うといいでしょう。
使用する酵素ドリンクはできるだけ酵素の比率が濃く添加物の少ないものがよいとされています。
たまにどうせなら何も取らない方がより断食の効果が出ると考えてドリンクは元より水分すら控える人もいますがこれは間違いです。
それでは脂肪を減らすことができても、身体を修復する栄養分が不足するため効果は半減します。
ファスティングダイエットは酵素ドリンクの使用を前提にしているので必ず飲みましょう。

関連記事